一戸建てを買う前に知っておこう

新築一戸建ての購入はいろいろなお家を見学してからが◎

新築一戸建ての購入はいろいろなお家を見学してからが◎ マイホームは一生に一度の大きな買い物となり、長期間の住宅ローンを借りて購入することとなるため、慎重に物件探しをすることが重要となります。
新築一戸建てを探している時には、まずは積極的にモデルルームなどの見学に行ったほうが良いでしょう。
沢山の物件を見て比較検討していく中で、自分にとって一戸建てで譲れない条件などが絞り込まれてくることになり、より住みやすい家を選ぶ目が培われていくことになります。
物件価格についても、一般の人には相場がわからないのですが、沢山の一戸建てを見学して、業者に話を聞いていくことで、だんだんと相場感覚が培われていくことになります。
焦って計画してしまうと後からもっと良い物件があったかもしれないという考えが出てしまうこともあるので、納得がいくまで根気よくいろいろな一戸建ての見学をしたほうが、後々に後悔してしまうことも少なくなるでしょう。
販売業者の良し悪しの判断能力もたくさんの物件を見ることで培われていきます。

一戸建ての新築には基礎工事が大事

一戸建ての新築には基礎工事が大事 一戸建ての新築住宅を検討されている方、大事なことは基礎工事がしっかりしていることです。
一戸建ての新築住宅は、基礎工事の上に建設してゆきます。
基礎工事の段階から、斜めに傾いているようだと上に載っている建物も傾いた状態になります。
また、基礎の状態が悪いと、家がゆがんでくるので、年数が経過するにつれて壁や床がゆがんだり変形したりしてゆきます。
また、基礎の状態は、耐震性にも大きく影響を与えます。
建物がいかに頑丈な材料を使って強固につくっていても基礎がもろければ、地震の際には基礎からくずれてゆきます。
この為、基礎の工事が悪い住宅は、通常だと何の影響もないような震度5程度の地震でも家が傾いてしまうといったことが起こります。
このような住宅は、俗に、欠陥住宅と呼ばれるものです。
こういった欠陥住宅にならない為にも、基礎の工事には、極力立ち会って出来具合を建築会社の担当者と一緒にしっかりと確認することをおすすめします。

新着情報

◎2017/10/23

新築には基礎工事が大事
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

購入の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

一戸建てをホテル調に
の情報を更新しました。

◎2017/2/8

新築一戸建ての良さ
の情報を更新しました。

「新築 基礎」
に関連するツイート
Twitter

連日河川氾濫の報道を目にするけど、今後の日本の気候は異常気象や気温上昇が頻繁に発生するとの予測が出ているし、家を新築される方は杭基礎に拘った上で旧時代の遺構に倣い高床式倉庫型にした方が被害を最小限に抑えられるのではないかと素人ながらに思う。

費用と工期はどのくらいかかるの?現在の家の基礎や下地は残して最大限に使う事で、費用も工期も建て替えの約半分で新築同様の仕上げにすることができます。

Twitter建築のワタショウ@yu_watashou

返信 リツイート 昨日 10:43

お隣の更地で地鎮祭 あのー…家屋の解体は事前にお知らせを頂きましたが、地鎮祭を行うということは何かを新築するんですよね…? 基礎からまたやるんですよね…?うち、すごく揺れるし洗濯物が干せないし、家の前の道路は大きな乗り物大集合ですよね?

仕事柄、新築とか他の現場とかチラッと見るクセがついてしまった。。あー。布基礎のネダ組みねー。あんまし強度に期待できねーなーとか。着実に知識身につけてる。なったって次期社長だからなー。。。胃が痛い

新築マンション基礎工事中 pic.twitter.com/ps9lU2aTSq

母は実家(今はおばちゃんの名義)にすんでるんだけど昔から水捌けわるい土地。おじいちゃんがそれなりに補強して建てたけど何度か床下浸水あって、豪雨の時はお向かいさんは床上いってしまった。今お隣新築中。地盤補強はしてるけど基礎は特に高くないんよね…あかんやつやん!!と。ほんま土地選び重要

[作業進捗] 新築マンション建設、基礎工事進めてるんですが少なくとも24部屋では全然足りないことが確定しました - askng_takoのポイピク poipiku.com/105338/999995.…

RT @21zon: いま災害が多いから高台とか坂の上とか怖いな・・・ 山や川の近所も嫌だし・・・ 周りよりちょっと高くなってるゴルフ練習場の隣じゃないところかなww 近所に建った新築住宅みんな登るの嫌なくらい基礎が高いけど、洪水対策?それとも地面掘るの高いからあまり掘らなかっ…

( º_º)…新築での対応(基礎からの免震・制震)ではなく、リフォームでの補強(強度)のデメリットは、一番体感したのは、地震が来た時にゆらゆらとした揺れは少なくなくなったけど、「小刻みな振動」が凄まじいです。 なので、「落下物(棚)」や「振動(棚)」への対策が必要になりました。 #防災

返信先:@the_tochi_king 横の古家は今新築にしてましたね。 基礎ができてました。。